牧草牛

ニュージーランドの牧草牛
ニュージーランドの高品質な赤身肉のステーキ

牛が牛らしく健やかに育つ

牛は本来、牧草を食べて育つ動物です。
そんな、当たり前でありながら実現が非常に難しい、恵まれた環境の中でのびのびと育ちました。

赤身肉のイメージを覆す上品ながら力強い味わい

赤身肉は「固くて、美味しくない」というイメージがありますが、ニュージーランドの肉牛は肉用に適した英国系のアンガスやヘレフォードといった品種が多く、ニュージーランドの豊かな土壌で管理して育てられたライグラスやクローバーなどの高品質な牧草を食べて育ちます。
この栄養価の高い牧草を食べて育った牛たちは世界的にも評価の高い赤身肉となります。

安全・安心への取り組み

成長促進ホルモン剤は使用していません。

牧草牛

オーシャンビーフ

海沿いの肥育農場
アンズコフーズの契約農家様

海沿いの肥育農場

海風が常に吹き抜けることにより、牧場内はとても衛生的で、牛たちはストレス少なく育ちます。
これは病気の発生や、味や品質に影響を与えるといわれるストレスの軽減に役立っています。

安全・安心への取り組み

遺伝子組み換え飼料、成長促進ホルモン剤、抗生物質は使用していません。

契約農家制度

アンズコフーズが求めるオーシャンビーフの基準を満たす牛だけを買付け、肥育牧場で育てます。

安定した品質

肥育日数だけで評価するのではなく、脂肪交雑、肉色、脂肪色の総合的な基準で選定しています。

肉牛導入から販売まで自社で完結

買付から肥育、生産、輸入販売の全てを一貫体制で、全て自社グループで行っており、安心してお客様の元へお届けできるシステムを構築しています。



オーシャンビーフ